医療脱毛機の種類と特徴

医療脱毛で使われる脱毛機にはいくつか種類があります。
熱破壊式ダイオードレーザー脱毛機は、日本人の肌色に適した波長の光を使用している脱毛機です。毛根に熱を与えて、毛根を破壊することで脱毛効果を発揮します。照射口が広く、スピーディーな脱毛が可能です。照射面の皮膚を吸引しながらレーザーを照射していくので、効果的にレーザーの熱を毛根に届けることができます。これによって今までよりも少ない出力で脱毛することが可能となり、肌への負担を抑えることにつながります。
蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機は、毛根に栄養を送っているバルジ領域をターゲットにしている脱毛機です。弱い熱をバルジ領域にじわじわ蓄積させて、バルジ領域を破壊をしていきます。バルジ領域が破壊されることで毛根に栄養が行かなくなり、脱毛効果が発揮されます。じんわりと熱を加えるので、熱破壊式の脱毛機に比べて痛みが少ないです。
熱破壊式YAGレーザー脱毛機は、黒い色素に反応しにくい長い波長の光を使っている脱毛機です。これまでの脱毛機は色素沈着をしているとメラニン色素に光が反応してしまいやけどをする恐れがあったので、脱毛はできませんでした。YAGレーザーは色素沈着に反応しにくく脱毛が可能です。